日本史娯楽検証物語サイト「月刊・歴史チップス」の執筆報告や編集状況などです。


by 桜田史弥(SakuradaFumiya)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2016年 10月 21日 ( 3 )

20161021-6

 ※ アメーバさん障害発生中のため、今はこちらから「歴史タイムッス」をお届けします。

4月死去の日本画家 郷倉和子さん追悼展 射水・小杉展示
今年四月に百一歳で亡くなった文化功労者で富山県射水市名誉市民の日本画家郷倉和子さんの追悼展が、同市小杉展示で開かれている。花鳥を中心とした ...

小磯良平の植物画中心 神戸で「描かれた花々」展
植物の生命力も描こうとした小磯の画家の目、科学者としての牧野の透徹したまなざしを見比べてほしい」と企画した同の高橋佳苗学芸員。会場では、小磯と ...

「人間失格」ノート発売…外国人客の要望殺到で
太宰治記念「斜陽」(青森県五所川原市金木町)で、本県出身の作家・太宰治(1909~48年)の代表作「人間失格」の初版本(48年)の表紙を基にデザイン ...

「文学だより」発行しています
本年度より、文学だよりを毎月1回発行します。 下記リンクより閲覧できます。 また同じ内容等を掲載したパネルを、日向市近隣の観光施設等に設置しています ...

県内鉄道「歴史の旅」にご案内 市川の現代産業科学で特別展
県内の鉄道の歴史や技術を紹介する特別展「出発進行 もっと・ずっと・ちばの鉄道」(産経新聞社千葉総局など後援)が、県立現代産業科学(市川市鬼高)で開 ...

今治の2美術館合同展
IT技術で浮世絵をより奥深く―。今治市の大三島美術館(大三島町宮浦)と玉川近代美術館(玉川町大野)合同の企画展「魅惑の浮世絵コレクション」が、両で開 ...

日ロ国交回復60年で記念フォーラム
第2次世界大戦後、日本と当時のソビエトが国交を回復してから60年になるのを記念したフォーラムが東京のロシア大使で開かれ、ことし12月、プーチン大統領 ...

宇検村に対馬丸慰霊碑 「悲劇語り継ぐ」
村は今後、那覇市の対馬丸記念と連携し、慰霊碑を平和学習にも役立てていく方針だ。 対馬丸は1944年8月21日、本土に疎開する児童らを乗せて沖縄県の

城崎文芸 一新
城崎温泉ゆかりの作家らを紹介する豊岡市城崎町の「市立城崎文芸」が18日、リニューアルオープンする。「企画展示室」を新設し、常設展の内容も一新。

「赤松小三郎」来秋に企画展
上田市立博物館(同市二の丸)は二〇一七年秋に、上田藩出身の幕末の兵学者、赤松小三郎(一八三一~六七年)の企画展を開く考えだ。同の近くで赤松小 ...



[PR]
by shinzoku | 2016-10-21 16:16 | 歴史タイムッス

歴史タイムッス20161021-5

 ※ アメーバさん障害発生中のため、今はこちらから「歴史タイムッス」をお届けします。

横山大観コレクションの足立美術館、入館者が過去最多 上半期33万6470人
は昭和45年11月に開館。近代日本画家・横山大観のコレクションや美しい日本庭園が人気を呼んでいる。平成25年度には、出雲大社(出雲市)の遷宮との ...

こだわりの道具、神戸の博物館に300点寄贈 横浜の武田さん「大切に保管して」 /神奈川
横浜市港北区の元大工、武田信治さん(86)が、自らの大工生活を支えた道具を11月に国内唯一の大工道具の博物館「竹中大工道具」(神戸市)に寄贈する。

横浜・山手で西洋めぐりをするなら休館日を要確認!特に水曜日
横浜・山手は現在も住宅・文教地区として外国人居留地の面影を残している街で、中でも昔ながらの街並みに触れ楽しめる「西洋めぐり」は多くの観光客に人気 ...

「金田一耕助」の足跡たどる 神戸の愛好家が案内
神戸文学(同市灘区)で開催中の「横溝正史~金田一耕助の神戸を探偵する」に合わせ、神戸探偵小説愛好會(かい)代表の野村恒彦さん(62)に、名探偵の ...


宮沢賢治イーハトーブ企画展「イーハトーブの石」
宮沢賢治イーハトーブ企画展「イーハトーブの石」. 「石ッコ賢さん」とあだ名されるほど石好きだった宮沢賢治は、生涯にわたって石とかかわり続けました。

収蔵品や人材の相互活動へ協定 倉敷考古と就実大人文科学部
公益財団法人・倉敷考古(倉敷市中央)と就実大(岡山市中区西川原)人文科学部は15日、教育・研究などで連携協力するための協定を結んだ。考古の収蔵 ...

内部公開に希望者殺到した「太陽の塔」半世紀の時超え“世界遺産”に?
しかし同時に太陽の塔は、万博の中核施設であるテーマの一部として構想された、内部に展示空間をもつパビリオンだった。 現在も太陽の塔の背面には広々と ...


の細道、灯籠温か 南越前・右近家に2000個
二千個の光で彩る「灯(とう)りゃんせ」が十五日、南越前町河野の北前船主の・右近家で開かれた。訪れた人たちが、暗闇に浮かぶ光を眺めながら、周辺の ..

ゆず祭り 今が旬 東部3市村 2016年10月16日
北川村 慎太郎とゆずの郷祭り」は、北川村総合保健福祉センターと中岡慎太郎周辺で開催。「ゆずサイダー」の「早飲みコンテスト」のほか、よさこい演舞の披露 ...

神戸のジャズの歴史を感じて みなと異人を一般公開
明治時代に神戸・北野の英国人ヘイガー氏の邸宅だった洋館で、神戸市中央区のポートアイランド北公園内に移築された「みなと異人」が15日、一般公開され ...



[PR]
by shinzoku | 2016-10-21 16:02 | 歴史タイムッス

歴史タイムッス20161021-4

 ※ アメーバさん障害発生中のため、今はこちらから「歴史タイムッス」をお届けします。

上谷遺跡 鍛冶関連出土
上谷遺跡 鞴羽口、鉄滓出土遺構 鞴羽口が6遺構から6点出土していて、そのうち2点は鉄が付着しています。 また鉄滓が2遺構から2点出土しています。 これらの ...

古代日本は世界に開かれていた事実に海外議論
沖縄でローマ時代コイン出土に奈良でペルシア人が働いていた…古代日本は世界に開かれていた事実に海外議論(海外反応)

「神」か「未確認生物」か? 巨人生存説!
... と発表したこともあり注目を集めているほか、2008年にはなんと日本のニュース番組で巨人の骨らしきものが出土した様子が全国放送されたといわれている。

解けた謎・・・延命観音像出土をめぐって
解けた謎・・・延命観音像出土をめぐって. 昭和40年7月18日、わがまちの象潟漁港修築工事中、海底から「延命観音・・・」と読める石が発見された。石の大きさは ..

県立博物館30周年祝う 文化の復権に誓い
記念特集展では、中島村の四穂田古墳から出土し修繕した東北初の鉄板よろい「三角板鋲(びょう)留短甲」のほか、伊達政宗が磐城氏に宛てた書状を初公開。

信太の森ふるさと特別企画「陰陽道の世界」 後期展示がはじまりました!
9月6日(火曜日)から開催している、信太の森ふるさと平成28年度秋季特別企画「陰陽道の世界」。 後期展示「陰陽師の生業―信太暦と信太陰陽師―」が始まり ...

岡本太郎にオマージュ捧げる舘鼻則孝『呪力の美学』展、新作シューズも
岡本太郎記念の全館にわたって展開される同展では、今回のために制作された『ヒールレスシューズ』の新作や、自身の骸骨を真鍮による鋳造彫刻として表現 ...

生命力豊かな土偶や土器も 益子参考で「土を見つめる」展
人間国宝の陶芸家濱田庄司(はまだしょうじ)(1894~1978年)が収集した国内外の土偶や土器などを紹介する「土を見つめる」展が12月18日まで、益子町益子 ..

石正美術館庭園に移植 石本画伯描いたボタン
は、今年4月の開館15周年に当たり、昨年度から「やすらぎの中庭計画」として美術館周辺の緑化整備に着手。石本氏が愛し、作品の題材として取り上げた ..

[PR]
by shinzoku | 2016-10-21 15:51 | 歴史タイムッス